社会は絶えず夢を見ている

ページ数:324ページ / ISBN:9784255005836 / Cコード:0095 / 発売日:2011/05/17

社会は絶えず夢を見ている

大澤真幸 定価: 1,944円(本体1,800円+税)

在庫: 在庫あり

いつも「リスク社会」は可能性として語られてきた。 ついに到来した「震災・津波・原発」の惨状を見据え、 ありうべき克服を提起する強靱な思考。連続講義第一弾

[「あとがき」から抜粋]
今、われわれは、日本人は、「夢」の中にいるかのようである。3・11の破局の後、すなわち 2011年3月11日午後2時46分に東日本の太平洋岸を襲った震災と津波の後、さらにこれにひき続く福島第一原子力発電所の事故の後、私自身を含む多くの日本在住者は、まるで「夢」の中を生きているかのような感覚を覚えている。その夢は、覚醒以上の覚醒であり、破局以前の日常の方こそがむしろ、微温的なまどろみの中にあったことを、われわれに思い知らせる。本書に収録した四つの講義はすべて、3・11の破局よりも前に行われたものである。しかし、私自身が驚いている。講義の中のさまざまな論材が、破局後の主題とあまりに直接的に対応していることに、である。

目次

はじめに なぜ講義なのか? そして何を講義するのか?
第一講 「日本語で考えること」を考える
第二講 社会主義を超えて、コミューン主義へ
第三講 リスク社会の(二種類の)恐怖
第四講 今のときに革命について語る

著者紹介

  • 大澤真幸(おおさわ・まさち)
    .1958年長野県松本市生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。社会学博士。千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任。
    .著書に、『行為の代数学』『身体の比較社会学』『虚構の時代の果て』『ナショナリズムの由来』(毎日出版文化賞)『〈自由〉の条件』『不可能性の時代』『普天間基地圏外移設案』(電子書籍)『量子の社会哲学』『現代宗教意識論』『「正義」を考える』他多数。 大澤真幸オフィシャルサイト