「E-DIC第2版」パンフレット・「CNN EE」見本誌請求はこちら
会員ログイン 新規登録


一般書籍

チェルノブイリ ——家族の帰る場所

デジタルコンテンツあり
フランシスコ・サンチェス
ナターシャ・ブストス
管啓次郎
定価 :1,188円(本体1,100円+税)
在庫 :在庫あり
各オンラインショップにてご購入いただけます。
Amazon.co.jpe-honJBOOKジュンク堂 BOOK WEBセブンアンドワイオンライン書店ビーケーワンブックサービス楽天ブックス紀伊國屋書店BookWeb
    特設ページ

心は決して廃墟にはならない。

1986年4月26日に起きた、チェルノブイリ原子力発電所の恐ろしい事故。このスペイン発のグラフィック・ノヴェル(漫画)は、住みなれた土地を突然に追われ、あるいは愛した土地に留まった〈家族3世代の物語〉を描いている。論争にもセンセーショナリズムにも陥ることなく、 かの土地に生きた人々が「心」に抱いた情景が浮かび上がる。チェルノブイリは決して「遠く」の出来事ではない。漫画・物語が持つ力を通じて、本書はそのことを強く訴えかけている。
原書はスペインで2011年4月に刊行され、El Mundoなど国内主要紙でも紹介。フランスでも刊行、韓国でも出版が決まっている。巻末付録として、チェルノブイリの写真なども掲載。


誤解しないでほしい、この作品はチェルノブイリを過去に、空想に、送り返そうとしているのではない。それとは正反対に、現在に、現実に、取り戻そうとしているのだ。それを通じて、一見遠い土地だとも思えるいまここで起きている状況に対するアティチュードを教えてくれようとしているのだ。
チェルノブイリの土地に住んだ人たちがいた。かれらはきみの祖父母だった。チェルノブイリの事故で死んだ男たちがいた。かれらはきみの父だった。チェルノブイリの土地を追われた家族がいた。かれらはきみの家族で、その子供はきみだ。
少なくともきみの一部がたしかにその子供でもあることを自覚したとき、このフィクショナルな迂回を経て、福島を中心とする土地で現実にいま進行していることの意味が改めて痛切にわかるだろう。やっと、わかりはじめるだろう。
(訳者まえがきより)

ジャンル: 一般書 > 歴史・社会
判型:A5判正寸
ページ数:192ページ
ISBN:9784255006383
Cコード:0036
発売日:2012/03/02
■ デジタルコンテンツ
タイトル: チェルノブイリ
タイトル(フリガナ): チェルノブイリ
発売日: 2014年08月22日
各オンラインショップにてご購入いただけます。
Amazon.co.jpe-honJBOOKジュンク堂 BOOK WEBセブンアンドワイオンライン書店ビーケーワンブックサービス楽天ブックス紀伊國屋書店BookWeb
各電子書籍ストアでもご購入いただけます。
KINOPPY楽天KOBOBOOKLIVEGARAPAGOS STOREHONTOREADER STORE