だれが決めたの? 社会の不思議

ページ数:288ページ / ISBN:9784255004068 / Cコード:C0095 / 発売日:2007/10/22

小学生への特別授業、実況中継
だれが決めたの? 社会の不思議

橋爪大三郎 定価: 1,620円(本体1,500円+税)

在庫: 在庫あり

ありそうでなかった、小・中学生のための社会科副読本

「どうして勉強しなくてはいけないの?」「死ぬってどういうこと?」「どうして男と女がいるの?」「神さまは本当にいるの?」 

子どもに届く言葉=考え方を模索する社会学者・橋爪大三郎が、12歳の子どもたちと対面し、子どもたちが日ごろ疑問に思っていることや、世の中の仕組みなどについてセッションしました。好奇心旺盛な子どもたちや、子どもの質問に答えられない親や先生、必携の一冊です。

授業後の感想
「勉強が楽しみになりました」
「ふだん考えないことをじっくり考える機会になってよかったです」
「世の中には、自分の知らないおもしろい問題がたくさんありました」

★橋爪先生への質問 受付中!
本を読んで、もっと“社会の不思議”を知りたいと思ったひとは(大人も子どもも)、Eメールで質問をお送りください(shakai@asahipress.com)。いくつかを選んで、社会の不思議HPで先生の答えを発表いたします。
(詳しくは本のp.285をご覧ください。)

特設ページ

目次

はじめに

1章 なぜ勉強しないといけないの?
学校に行かないと困る?/読み書きそろばん/文字がない世界──国語はどうして習うのか?/数字のない世界──算数はどうして習うのか?/勉強って役に立つ?/小・中・高校と大学の違い/お父さん・お母さん方へ
コラム「学校の歴史はどれくらい古い?」ほか

2章 死ぬってどういうこと?
人間はどうして直立したか/いちばん最初の人間はどうやって生まれたか?/人間は死ぬ瞬間、何を考えるか?/どうして死ぬのが嫌なのか考える/死者の世界はある?/自分が死ぬことと、他人が死ぬこと/お父さん・お母さん方へ
コラム「霊はいるのか」ほか

3章 男と女はなぜいるの?
コピーじゃない子孫を残す──生物としてのオスとメス/人間は、動物と子孫の残し方がどう違う?/結婚して家族をつくる──人間の男と女/人間の家族の大事なとくちょう/お父さん・お母さん方へ
コラム「どうしてセックスは恥ずかしいの?」ほか

4章 結婚って何?
同性同士は結婚できる?/結婚できる相手とできない相手/結婚相手はどう決める?/結婚って大変な約束?/お父さん・お母さん方へ
コラム「結婚したらいいことがあるの?」ほか

5章 大人はずるい?
大人と子どもは、どう違う?/大人は子どもに責任を持っている/大人は家庭と社会を支えている/質問タイム──大人だって大変だ!/お父さん・お母さん方へ
コラム「大人になると、どうして子どもの心を忘れちゃうの?」ほか

6章 神さまは本当にいるのか?
神さまによく似たものを考えてみる──サンタクロースの場合/見えないもの、確かめられないものは本当にない?/結論──神さまはいる? いない?/神さまと仏さまの違い/お父さん・お母さん方へ
コラム「神さま(宗教)がもとで戦争するのはどうして?」ほか

7章 戦争はなぜなくならないの?
戦争は誰がやる?/警察と軍隊はどう違うか──軍隊の役割/軍隊をなくしたら戦争は起こらない?/自衛隊は、軍か?/質問タイム──北朝鮮の話/お父さん・お母さん方へ
コラム「日本はもう戦争したりしない?」ほか

8章 たばことお酒と大人の話
お酒やたばこのどこがいい?/麻薬は、どこがいけない?/お酒を禁止すると、どうなる?/質問タイム/お父さん・お母さん方へ
コラム「親が子どもにお酒を飲ませてもいいの?」ほか

9章 なぜお金で物が買えるの?
お金はなぜお金って言える?/一万円札は一万円より安い?/お金をどんどん印刷したら……/給料ってどうやって決まる?/質問タイム/お父さん・お母さん方へ
コラム「どうして、紙のお金とコインがあるの?」ほか

10章 なぜ税金を払わなければならないの?
税金にはどんなものがある?/税金を払わなかったら──税金の特徴/税金は誰のため?──税金を集めるわけ/税金はどうやって集めるの?/税金が足りなくなったら?/お父さん・お母さん方へ
コラム「消費税のいいところ」ほか

11章 インターネットがあれば、新聞もテレビも本もいらないか?
インターネットって何?/本よりもインターネットのほうがいい?/インターネットと本との違い/本はなくなる?──みんなの意見/インターネットの世界はこわい?/インターネットと本のこれからの関係/質問タイム/お父さん・お母さん方へ
コラム「インターネットと新聞のニュースは何が違うの?」ほか

おわりに

著者紹介

  • 橋爪大三郎(はしづめ・だいさぶろう)

    1948年、神奈川県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現、東京工業大学教授。世の中のできごとや変化、人びとのかかわり合いを研究して、みんなが幸せに暮らせるように考える「社会学」を専門とする。 橋爪大三郎研究室(東京工業大学)

感想
お問い合わせ

*ご意見・ご感想

*お名前
(ハンドルネーム)

*メールアドレス

年齢

都道府県

職業

お買い上げ書店名

公開