パズルの迷宮

ページ数:352ページ / ISBN:9784255003399 / Cコード:C0097 / 発売日:2005/11/11

パズルの迷宮

ファン・ボニージャ 著 / 碇順治 監訳 定価: 1,620円(本体1,500円+税)

在庫: 在庫あり

セビリアを襲う爆破テロ、事件のカギはクロスワード!?

本国スペインで映画化、日本でも話題を呼んだ『パズル』の原作、待望の出版!!

「純文学サスペンス」という全く新しい世界文学誕生! スペインで最も注目される作家の問題作を、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞作家 沢村凛の文体で翻訳。

文献学の学生であるシモンは、セビリアの新聞社でクロスワードを作る仕事をしている。ある日彼のもとに、翌日のクロスワードに「道化師たち」という言葉を入れろ、という脅迫電話がかかる。そのクロスワードが掲載された午後、地下鉄でテロが起こったことを知った彼は、この事件と脅迫電話とを結びつけずにはいられない。そして、この影にはある男のロールプレイニング・ゲームがちらつくのだった……。
本書は、1996年に出版された当初より大きな評判を呼び、マテオ・ヒルにより映画化、日本では『パズル』のタイトルで公開された。

著者紹介

  • ファン・ボニージャ —— Juan Bonilla
    1966年スペインのヘレス・デ・ラ・フロンテラ市生まれ。著者に、マテオ・ヒルにより映画化された本書の他、長編小説では2003年度ビブリオテカ・ブレベ賞を受賞した『ヌビアの王子たち』、『死んでいることに疲れて』、短編集では『明かりを消す者』、『独りぼっちたちの会社』、『スカイラブの夜』などがある。

感想
お問い合わせ

*ご意見・ご感想

*お名前
(ハンドルネーム)

*メールアドレス

年齢

都道府県

職業

お買い上げ書店名

公開