放射線のものさし

ページ数:208ページ / ISBN:9784255006833 / Cコード:0095 / 発売日:2012/10/15

放射線のものさし
続 放射線のひみつ

中川恵一 定価: 1,296円(本体1,200円+税)

在庫: 在庫あり

このままでは、事故の教訓を 残せないのではないか?

私は何をし、何を語ってきたのか?
何をどう語るべきだったのか?
チーム中川、この一年半の軌跡

昨年12月、政府によって福島原発事故の収束宣言はなされたが、いまだ、被ばくへの恐怖や不安は、人々の心身と暮らしをおびやかしているし、
放射性物質に汚染された地域の復興には、多くの課題が残されている。

──「「放射線のものさし」を持つことが一番大事だと痛感します。そして、リスクをできるだけ正しく計った上で、各自が選択した意思決定を、お互い尊重す
ることも大切です。避難を続けることがいけないわけでもありませんし、できるだけ早く故郷に帰りたいという住民の気持ちを理解することも大事です。日本人が安全派と危険派に分断されてお互いを傷つけ合う構図はまさに最悪です。」

著者紹介

  • 中川恵一(なかがわ・けいいち)
    東京大学医学部付属病院放射線科准教授、緩和ケア診療部長。1960年東京生まれ。1985年東京大学医学部医学科卒業、同年東京大学医学部放射線医学教室入局。1989年スイスPaul Sherrer Institute客員研究員、2002年東京大学医学部放射線医学教室助教授などを経て現職。著書に『がんのひみつ』『死を忘れた日本人』『放射線のひみつ』(以上、朝日出版社)など多数。共編著に『低線量被曝のモラル』(河出書房新社)。厚生労働省「がん対策推進協議会」委員、日本放射線腫瘍学会理事。

感想
お問い合わせ

*ご意見・ご感想

*お名前
(ハンドルネーム)

*メールアドレス

年齢

都道府県

職業

お買い上げ書店名

公開