「E-DIC第2版」パンフレット・「CNN EE」見本誌請求はこちら
会員ログイン 新規登録


その他の電子書籍 ポスト3.11の働き方を真剣に考える

ノマドと社畜 

谷本真由美
@May_Roma
定価 :463円(本体429円+税)
各オンラインショップにてご購入いただけます。
Amazon.co.jp紀伊國屋書店BookWeb
    特設ページ

ツイッター上で大きな話題を呼んだ著者のノマド論が読みやすい電子書籍に!

元国連職員などとして数カ国で働いてきた谷本さん(現ロンドン在住)が、日本で流行るノマド論のおかしさを一刀両断。

組織に寄りかからず自立した働き方が必要となる日本の未来を担う人たちのために、本当に有益なアドバイスを贈る。

◆「はじめに」より抜粋

2011年 後半ぐらいから、日本では「ノマド」という言葉がテレビや雑誌をにぎわせています。ノマドには「場所にとらわれずに自由な働き方をする」「フリーランサーや個人事業主(自営業者)として、雇われずに働く」という2つの意味がありますが、日本の景気が悪くなり、世界情勢も不安定で先が見えない中、「従来の働き方から自由になり、自分を守る働き方をしたい」という人が増えているのが、ノマドブームの背景にあるようです。

この動きは、特に2011年3月に起きた東日本大震災(3・11)の後に、生活や人生の価値観が激変してしまった若い人たちの間で顕著な気がします。

[…]ノマドの現実は、メディアやノマドコンサルタントが伝えていることとは違います。そして現実を知らなければ、失敗します。私は仕事の実務でノマド的な働き方をする人をたくさん目にしてきましたので、「本当はこうだ」ということを、ツイッターやウェブニュースの記事で伝えてきました。若い人に失敗してほしくないのです。

本書では、これまで私が伝えてきたことを中心に、ノマドという働き方を含めて「これから私たちはどのように働いていくべきか?」ということについて、考えてみたいと思います。

ジャンル: 一般書 > ビジネス
ISBN:25560000200000000000
発売日:2013/01/11

関連リンク

各オンラインショップにてご購入いただけます。
Amazon.co.jp紀伊國屋書店BookWeb