芝野虎丸

  • 芝野虎丸
    芝野虎丸
判型:四六判 / ページ数:144ページ / ISBN:9784255013060 / Cコード:C0076 / 発売日:2022/08/25

【限定直筆サイン本 受付中!】
芝野虎丸
しゃべるのが苦手だった少年が名人になった

芝野龍之介 定価: 1,408円(本体1,280円+税)

在庫: 在庫あり

サイン本ご希望の方は備考欄に「サイン本」とご記入ください。

史上初めて10代にして最年少名人になった、囲碁界のホープ芝野虎丸九段の成長の跡をプロ棋士である兄芝野龍之介二段が井山裕太四冠、山下敬吾九段、一力遼棋聖をはじめ院生時代からの同期や先輩、後輩棋士たち、虎丸を育てた洪道場師範洪清泉四段の協力のもと徹底取材し、虎丸の成長の跡を辿る。囲碁ファンだけでなくすべての読者に知ってほしい虎丸の魅力がいっぱいの本。

手を読むときの頭の中。虎丸的AIの活かし方。しゃべるのが苦手だったわけ。石音をたてない理由。常に冷静さを保つ驚きの秘密を大公開!

(本文より)
平田智也七段
虎丸は僕が予想していない方向から、それなりのパンチを飛ばしてくるのです。
プロの中でもかなり上に行くだろうなと思いました。

一力遼棋聖
2016年のグロービズ杯で虎丸に負けたとき、強い後輩が出てきたなと感じました。
プロになる前の洪道場時代から強いのはわかっていましたが、実際に公式戦で負かされたことで、強く印象に残っています。


※サイン本をお申し込みいただいた場合は、8月末からの発送になります。

著者紹介

  • 芝野龍之介(しばの・りゅうのすけ)
    日本棋院東京本院所属プロ棋士。平成9年(1997年)12月2日生。神奈川県出身。
    平成29年入段、31年二段。
    主な著書『囲碁・歴代最年少名人芝野虎丸の軌跡』『アルファ碁Zeroの衝撃』『一問一答!囲碁9路盤の手筋~基本定石からヨセまで~』(マイナビ出版)
    芝野虎丸の実兄。アマチュアへの指導や普及活動の他、将棋、オセロ、バックギャモンなど、各種競技の大会にも積極的に参加、活躍している。

ご意見・ご感想

*ご意見・ご感想

*お名前
(ハンドルネーム)

*メールアドレス

年齢

都道府県

職業

お買い上げ書店名

公開