おウチde俳句くらぶ 作品集 2021

  • おウチde俳句くらぶ 作品集 2021
    おウチde俳句くらぶ 作品集 2021
判型:A5判並製 / ページ数:160ページ / ISBN:9784255012698 / Cコード:C0095 / 発売日:2022/02/15

おウチde俳句くらぶ 作品集 2021

夏井いつき 選句・鑑賞 / おウチde俳句くらぶ 編集部 定価: 990円(本体900円+税)

在庫: 在庫あり

立ち読み(PDF)

夏井いつきのネット俳句教室「おウチde俳句くらぶ」連載「写真de俳句」選句欄(選者:夏井いつき)にて選ばれた、上位「天」「地」「人」入選作品と講評([第1〜12回]まで)を収録。第1回〜3回「おウチde俳句大賞」受賞作品も収録。

▶︎WEBサイト「夏井いつきのおウチde俳句くらぶ」はこちら

著者紹介

  • 夏井いつき(なつい・いつき)

    昭和32年生。松山市在住。俳句集団「いつき組」組長。俳都松山大使。 「第8回俳壇賞」「第44回放送文化基金賞」「第72回日本放送協会放送文化賞」「第4回種田山頭火賞」受賞。 著書に『超辛口先生の赤ペン俳句教室』『夏井いつきのおウチde俳句』、句集『伊月集 龍』『伊月集 梟』(小社刊)等多数。

  • おウチde俳句くらぶ 編集部(おうちではいくくらぶ・へんしゅうぶ)

「写真de俳句」のすすめ

「写真de俳句」は写真を兼題としております。「おウチde俳句くらぶ」という観点において、写真を発想の踏み切り板として使うことは大変有効です。写真を糸口として、これまでの人生の様々な記憶を引き出すことができるからです。

写真を兼題とする場合、次のような切り口が考えられます。

A 写真を見ていない人の脳内に、写真と全く同じ光景を再生させる。
B 切り取られた写真の外を想像する。
―どんな光景がひろがってくるのか。どんな人がいるのか。どんなモノがあるのか。
C 写真の光景の時間軸を動かしてみる。
―夜になればどうなるか。朝になればどうなるか、等
D 自分が写真の中にいたら、どんな行動をとるだろう。

初めて写真で俳句を作るみなさんは、次の方法から始めてください。

1 写真の中にある言葉や連想した言葉を、できるだけ沢山書きとめる。
2 採取した単語を、季語と季語ではないものにグループ分けする。
3 季語ではないグループの単語を一つ選んで、十二音の【俳句のタネ】を作る。
     ○○○○○ + 季語とは関係のない十二音【俳句のタネ】
     季語とは関係のない十二音【俳句のタネ】 + ○○○○○
4 【俳句のタネ】に似合った【五音の季語】を探す。

《季語の選び方のコツ》
・楽しそうな【俳句のタネ】ならば、楽しそうな【五音の季語】を取り合わせる。
・悲しそうな【俳句のタネ】ならば、悲しそうな【五音の季語】を取り合わせる。

俳句は実践によって学ぶものですから、理屈を読み囓るばかりでは前に進めません。まずは一句。最初の一歩を踏み出しましょう。
(夏井いつき)

ご意見・ご感想

*ご意見・ご感想

*お名前
(ハンドルネーム)

*メールアドレス

年齢

都道府県

職業

お買い上げ書店名

公開