小学校英語から中学校英語への架け橋

ページ数:256ページ / ISBN:9784255009865 / Cコード:82 / 発売日:2017/03/10

小学校英語から中学校英語への架け橋
文字教育を取り入れた指導法モデルと教材モデルの開発研究

小野尚美 著 / 高梨庸雄 著 / 土屋佳雅里 定価: 2,000円(本体1,852円+税)

在庫: 在庫あり

[内容紹介]
本書は、英語圏の国々で小学校児童の読み書き能力を回復するために効果を上げている Reading Recovery Programについて詳細に紹介し、その基本理念である emergent literacy と roaming around the known を日本の小学生の英語指導に応用するための試案である。
小学校英語と中学校英語を連携するために英語の読み書き指導がいかに大切か、中学校英語につなげる英語学習のための素地はどうあるべきかを説明し、その能力を養成できる教材モデルを提示している。


[著者紹介]
■小野尚美(おの なおみ)
成蹊大学文学部英米文学科教授。
米国州立インディア大学大学院(ブルーミントン校)教育学部言語教育学科博士課程修了。学術博士。昭和女子大学短期大学を経て、2004年から現職。
著書:教室英語ハンドブック(共著、研究社)、「英語の読み書き」を見直すReading Recovery Program研究から日本の早期英語教育への提言(共著、金星堂)他

■高梨庸雄(たかなし つねお)
弘前大学名誉教授。ハワイ大学大学院修士課程修了。高等学校教諭、青森県教育センター指導主事、弘前大学教授を経て現職。全国英語教育学会、小学校英語教育学会・日栄英語教育学会各顧問。
著書:教室英語ハンドブック(共著、研究社)、応用言語学辞典(共著)、英語リーディング指導の基礎(共著)他

■土屋佳雅里(つちや かがり)
公立小学校(2003年~)・保育園・幼稚園・自営教室における英語指導、また、小学校英語指導者育成トレーナー(J-SHINE)として、指導者養成講座・教員研修などにおいて講師を務める。
著書:教育英語ハンドブック(共著、研究社)小学校英語はじめてセット(アルク2009)執筆協力、他

目次

目次

謝辞
はじめに

第1部 「読み書き」能力を回復する指導
 第1章 Reading Recovery Programという言語指導方法
 第2章 Reading Recoveryと日本の小学校英語指導との接点
 第3章 Reading Recovery ProgramとLiteracy教育の現状
 第4章 日本の小学校英語教育への示唆

第2部 小学校英語教育と文字教育
 第5章 早期英語教育の評価
 第6章 日本の英語教育におけるCAN-DOリスト
 第7章 英語の文字と音の関連規則の理解
 第8章 フォニックス・スクリーニング・チェック
 第9章 音声と文字の導入
 第10章 早期英語教育担当教員の資格

第3部 小学校英語教育の実践
 第11章 実験授業の目的と学習状況分析
 第12章 Reading Recoveryを応用した授業用タスク

おわりに 小中連携と今後の展望
索引
著者紹介

著者紹介

  • [著者紹介]
    ■小野尚美(おの なおみ)
    成蹊大学文学部英米文学科教授。
    米国州立インディア大学大学院(ブルーミントン校)教育学部言語教育学科博士課程修了。学術博士。昭和女子大学短期大学を経て、2004年から現職。
    著書:教室英語ハンドブック(共著、研究社)、「英語の読み書き」を見直すReading Recovery Program研究から日本の早期英語教育への提言(共著、金星堂)他

    ■高梨庸雄(たかなし つねお)
    弘前大学名誉教授。ハワイ大学大学院修士課程修了。高等学校教諭、青森県教育センター指導主事、弘前大学教授を経て現職。全国英語教育学会、小学校英語教育学会・日栄英語教育学会各顧問。
    著書:教室英語ハンドブック(共著、研究社)、応用言語学辞典(共著)、英語リーディング指導の基礎(共著)他

    ■土屋佳雅里(つちや かがり)
    公立小学校(2003年~)・保育園・幼稚園・自営教室における英語指導、また、小学校英語指導者育成トレーナー(J-SHINE)として、指導者養成講座・教員研修などにおいて講師を務める。
    著書:教育英語ハンドブック(共著、研究社)小学校英語はじめてセット(アルク2009)執筆協力、他