「暗記」を超えた 英語スピーキング練習法 A-LiSM

  • 「暗記」を超えた 英語スピーキング練習法 A-LiSM
    「暗記」を超えた 英語スピーキング練習法 A-LiSM
ページ数:200ページ / ISBN:9784255009353 / Cコード:0082 / 発売日:2016/07/05

「暗記」を超えた 英語スピーキング練習法 A-LiSM

新崎隆子 著 / 高橋百合子 定価: 2,160円(本体2,000円+税)

在庫: 在庫あり

通訳学校で開発!「暗記」を超えたスピーキング練習法 リスニング力も伸びる「4技能」時代のメソッド

ただの表現集じゃないから、自分の言葉でどんどん話せる!

●生音声+ゆっくりスピード
2種類の音声付き

●ライブ教材で楽しくトレーニング!
・Jokeでウォーミングアップ
・『ローマの休日』を演じてみる
・スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ
・マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ
・CNNニュース etc.

目次

はじめに
ここがスゴイ! 本書の特長
本書の構成と使い方


■PART 1 「A-LiSM」とは
―耳から入った英語を “自分の言葉” で話すための画期的なメソッド

1. 英語が上達しない“3つの原因”
英語の登山―ロッククライミングとお花畑/英語で“ 何をしたい” のかをはっきりさせよう/「英語」と片思いで終わらないために/「長期的勉強」と「短期集中型」/「英語山登頂」の最大の障害/「乙女の祈り」とピアノ嫌い/ “ 納得” しないと効果は上がらない

2.“やりがい”のある英語学習法の条件
やりがいのある英語学習法“3 つの条件”/プロの通訳者になったきっかけ/なぜ通訳訓練が「面白い」のか

3.スピーキングに特化した「A-LiSM」
日本人ビジネスマンと外国の大臣の昼食会/スピーキングのためには“能動的”に聞き取る/ネイティブなしでできるスピーキング練習/A-LiSM は英語を使うシミュレーション/暗記はせず、大切な情報を押さえる/自分が面白いと感じられるやり方でやる


■PART 2 お手本を真似てみる
― シャドーイングで「英語の音」を聞き取って発音する

1.スピーキングの上達を阻む「わな」
日本語という“ 鏡” の弊害/英語は「文字」と「音」の印象が異なる/視覚のわな―「Manhattan」と「ムン・ハ・ン」/音をありのままにとらえる

2. なぜ、リピーティングではダメなのか
シャドーイングはリスニングの基本的な訓練/伝統的なリピート練習の欠点/シャドーイングとリピーティングの違い/5日間の練習で、ネイティブさながらの発音に!

3.「シャドーイング」するときの注意点
簡単ではないから、工夫が必要/「聞き取り」か「発音」、目的をはっきりさせる/「こくさいぞうかめかいぎ」と「国際象亀会議」/音声認識と意味単位の切り出し

4. 聞き取るためのサイレント・シャドーイング
まずは、徹底的に音声と向き合う

5. アクティブ・シャドーイングでスピーキング練習
アウトプットに焦点を当てたトレーニング/アクティブ・シャドーイングのやり方/スピーキングにつなげるために

【Training】
Session 1 「ローマの休日」を演じてみる
「ローマの休日」を演じてみる①
「ローマの休日」を演じてみる②
「ローマの休日」を演じてみる③

Session 2 マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ
マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ①
マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ②
マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ③

Session 3 スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ
スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ①
スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ②
スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ③


■PART 3 “自分の言葉”で伝えてみる
―「A-LiSM」で聞いた内容をアウトプットする

1.A-LiSMはアウトプットのための練習
“ インプット” から“ アウトプット” へ/ 5 つのスピーキングレベルと「目標」

2. 英文を無理に暗記する必要はない
大切なのは“ 自分の言葉” になっていること/初心者におすすめのトレーニング法

3.サマリー(要約)するときのポイント
サマリーの4つのレベル

【Training】
Session 1 Joke でウォーミングアップ
ジョーク① それは誰の犬?
ジョーク② 母の日のプレゼント(その1)
ジョーク③ 母の日のプレゼント(その2)

Session 2 CNN ニュースでA-LiSMトレーニング
CNN ニュース① France Bans Ultrathin Models
         フランスで「やせすぎモデル」禁止に
CNN ニュース② Cheating Scandal in India
         インドで驚きの大規模カンニング
CNN ニュース③ Pandemic of Inactivity
         運動不足がまん延
CNN ニュース④ Nations Ranked by Quality of Life
         生活の質の国別ランキング
CNN ニュース⑤ Record Smog in Beijing
         中国で過去最悪の大気汚染
CNN ニュース⑥ NASA Tests "Flying Saucer"
         NASA が「空飛ぶ円盤」の飛行実験

Session 3 名演説でA-LiSMトレーニング
マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ①
マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ②
マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ③
スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ①
スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ②
スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ③

Session 4 名演説で上級A-LiSMに挑戦!
マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ④
マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ⑤
スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ④
スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ⑤


■Reproduction Practice A
応用力を養うトレーニング

1.「耳」で聞いた内容を「口」に出す
 ―再生練習(Reproduction Practice)
「言葉」ではなく「意味」を再生する/「桃太郎」を英語で伝えてみる
桃太郎:その1/桃太郎:その2/桃太郎:その3

2.「表現」を変えて言ってみる
いつも「I...」にならないようにする/キーワードを先に持ってくる/話し言葉は文を短くする/英語は結論を先に言う

3.「時系列の表現」の練習
on を使って文を作る/in を使って文を作る/before を使って文を作る/after を使って文を作る/precede を使って文を作る/follow を使って文を作る

4. 情報を大きくまとめる練習
情報をまとめる:その1/情報をまとめる:その2/情報をまとめる:その3

5. 比較の表現の練習
類似点を表してみる/相違点を表してみる/グラフの情報をまとめる
6.「原因と結果」の表現の練習
AのせいでBしてしまった/環境問題の因果関係を説明してみる
due to を使う/because of を使う/because を使う/cause を使う/as a result を使う/since を使う/result in を使う/as a consequence を使う/lead to を使う
アラル海のその後/「単語ノート」を作るススメ


■Reproduction Practice B
表現のバリエーションを増やす練習

a.「物の位置関係」の表現
1.under(~の下に)/2.on(~の上に)/3.in(~の中に)/4.above(~の上に)/5.behind(~の後ろに)/6.in front of(~の前に)/7.nextto(~のとなりに)/8.between(~の間に)

b. 自己紹介の表現
仕事や職業について話す
仕事について話す:その1/仕事について話す:その2
趣味について話す

c. 敬意を表す表現
感謝の気持ちを伝える/相手に敬意を伝える
感謝と敬意を伝える

d. 要求を表す表現
誰かに頼みごとをする
何かを頼む


Column A-LiSM 誕生秘話

おわりに

著者紹介

  • 新崎隆子(しんざき・りゅうこ)
    会議通訳、放送通訳。神戸大学文学部卒業。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科博士課程(国際コミュニケーション)修了。公立高校の英語教師を務めたのち、国際会議やNHK放送で通訳者として活躍。NHKグローバルメディアサービス国際研修室ほか複数の大学で教鞭を執る。著書に『通訳席から世界が見える』(筑摩書房)、『「話して」「聞いて」「また話す」これなら通じる! 決定版 旅の英会話』(NHK出版)、共著に『眠った英語を呼び覚ます』(はまの出版)、『英語スピーキング・クリニック』(研究社)など。


    高橋百合子(たかはし・ゆりこ)
    千葉商科大学国際教養学部教授。聖心女子大学文学部英文科卒業。ハワイ大学大学院言語学科修士課程(英語教授法)修了。NHKグローバルメディアサービス国際研修室主任講師、東京海洋大学、聖心女子大学非常勤講師などを経て現職。通訳者や翻訳者の養成、学習者のニーズに合わせた教材の開発に携わる。自分の考えを発信したり異文化理解の手段としての言語の重要性を伝えることにも力を入れている。著書に『News Made Easy!』(金星堂)、共著に『英語通訳への道』(大修館書店)、『眠った英語を呼び覚ます』(はまの出版)など。

感想
お問い合わせ

*ご意見・ご感想

*お名前
(ハンドルネーム)

*メールアドレス

年齢

都道府県

職業

お買い上げ書店名

公開