「E-DIC第2版」パンフレット・「CNN EE」見本誌請求はこちら
会員ログイン 新規登録


一般書籍

外国語教育Ⅱ追補版

外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠
吉島 茂訳・編
大橋理枝訳・編
定価 :3,024円(本体2,800円+税)
在庫 :在庫あり

2001年からCOE参加国で始まった域内共通の参照枠に基づいて、外国語教育を行おうとする取り組みは、その後世界各国の外国語教育に大きな影響を与えています。
日本でも、CEFRは外国語教育関係者の間で既にお馴染みの語になりつつあるようです。
一方、そのCEFRの 中で、一部の事項だけが、いわば一人歩きするような形で広まりつつあるようにも感じられます。
外国語教育に関する共通参照枠をヨーロッパの土壌において策定するにあたっては、複言語主義・複文化主義という平和共存を支える理念が大きな柱として掲げられました。言葉を換えれば、この共通参照枠は言語学習のためにだけ構想されたものではなく、個人の中で統合的に存在する複数の言語・文化が他者を尊重する心を育て、平和につながる一つの道として考えられているのです。
そのようなヨーロッパ共通参照枠を、全く異なる型の言語を背景にもつ我々の立場から考え、またこれらの理念をふまえて日本の言語教育を省みることで、新たに見えてくる道があるのではないでしょうか。
この「追補版」でCOEの直接の対象ではない言語からの例を新たに加えたことがその小さなきっかけになれば幸いです。

ジャンル: 一般書 > 教育
判型:B5
ISBN:9784255007953
Cコード:0087
発売日:2014/08/08