「E-DIC第2版」パンフレット・「CNN EE」見本誌請求はこちら
会員ログイン 新規登録


一般書籍

現代社会の存立構造/『現代社会の存立構造』を読む

真木悠介
大澤真幸
定価 :3,024円(本体2,800円+税)
在庫 :在庫あり
各オンラインショップにてご購入いただけます。
Amazon.co.jpジュンク堂 BOOK WEBセブンアンドワイ楽天ブックス紀伊國屋書店BookWeb本やタウン

戦後社会学の必読文献、待望の復刻!
高弟・大澤真幸による懇切な解題および発展的論文を併録。

■現代社会の存立構造――真木悠介

──『現代社会の存立構造』は、日本を代表する社会学者・見田宗介による、透徹した近代社会論です(筆名:真木悠介、1977年、 筑摩書房刊)。
──マルクス『資本論』を社会現象や意識形態にまで拡張し、現代社会を理解するための基本的なフレームワークを提示しています。
──人間の労働と他者との交換を通じて、私たちの生が、いかにして疎外へと転回するのか。本来は他者との関係を媒介する道具にすぎないもの(貨幣、国家、理念など)が、いかにして神のごとき主体へと転ずるのか、を追究しています。
──世界的にも稀な達成であり、今日でもその重要性はいささかも薄れていません。これまで文庫や「定本著作集」(岩波書店)に未収録であった本書を完全復刻します。


■『現代社会の存立構造』を読む――大澤真幸

──本書の後半部、真木悠介の著作とほぼ同等の分量を占める「『現代社会の存立構造』を読む」は、前篇「解題」と後篇「『現代社会の存立構造』の行為事実を読む」から成ります。
──前篇「解題」は、『存立構造』を読もうとする初学者がつまずきかねない二つの要素――削ぎ落とされた文体、そして現在ではなじみの薄くなった概念や用語――をできるだけわかりやすくするために執筆されました。『存立構造』の互いに対応する第I部と第II部を統合し、懇切丁寧に解説しているので、正確な読解の確認、論点の整理にも役立ちます。
──後篇「『現代社会の存立構造』の行為事実を読む」は、『存立構造』を、著者・真木悠介の意図を超えて(著作の症候的、無意識的な水準において)読み解くものです。『存立構造』はトートロジーではないかとの嫌疑を晴らし、「Aへの疎外」「Aからの疎外」という二重の疎外の基底に、テクストには明示されていない、もう一つの疎外を見出します。「準古典」に対する、高弟・大澤真幸による創造的な読解です。

判型:四六判
ページ数:344ページ
ISBN:9784255007892
Cコード:0095
発売日:2014/09/30
各オンラインショップにてご購入いただけます。
Amazon.co.jpジュンク堂 BOOK WEBセブンアンドワイ楽天ブックス紀伊國屋書店BookWeb本やタウン