森のプレゼント

ページ数:36ページ / ISBN:9784255008899 / Cコード: / 発売日:2015/11/19

森のプレゼント

安野光雅 訳・絵 定価: 1,404円(本体1,300円+税)

在庫: 在庫あり

クリスマスに読みたい絵本! 
世界中で大ヒットした『大草原の小さな家』の原作『大きな森の小さな家』のクリスマスを、安野光雅の美しくも遊び心あふれる絵と訳で描き下ろしました。

アメリカ中西部の大きな森の小さな家に住む、少女ローラと家族が過ごすクリスマスが生き生きと描かれています。雪の器でつくる糖みつのキャンディ、雪の上であそぶ「写真ごっこ」、サンタさんからは大好きな人形シャーロットをもらって…子どもから大人まで、何回見てもわくわくと心がおどる、家族愛いっぱいの心温まるお話です。 

著者紹介

  • 安野光雅 (あんの みつまさ)
    1926年、島根県津和野町生まれ。1974年、『ABCの本』(福音館書店)、『昔咄きりがみ桃太郎』(岩崎美術社)で芸術選奨文部大臣新人賞、ケイト・グリナウェイ賞特別賞、最も美しい50冊の本賞、BIB金のリンゴ賞、国際アンデルセン賞などを受賞。2001年、津和野町に安野光雅美術館が落成。1988年紫綬褒章、2008年菊池寛賞を受賞。2012年文化功労者。
    主な著作に『ふしぎなえ』『はじめてであうすうがくの絵本1~3』『あいうえおの本』『旅の絵本』シリーズ(全8巻)(福音館書店)、『魔法使いのABC』(童話屋)、『繪本 平家物語』『繪本 即興詩人』『繪本 シェイクスピア』(講談社)、『絵のある人生』(岩波書店)、『絵の教室』(中央公論新社)、『算私語録』『繪本三国志』(朝日新聞社)、『絵のある自伝』(文藝春秋)、『口語訳 即興詩人』『わが友の旅立ちの日に』『少年時代』(山川出版社)などがある。