がんのひみつ

ページ数:192ページ / ISBN:9784255007175 / Cコード:0047 / 発売日:2013/05/28

最新版
がんのひみつ

中川恵一 定価: 950円(本体880円+税)

在庫: 在庫あり

2人に1人が、がんになる時代。
放射線治療と緩和ケアの専門医が語る
「これだけは知ってほしいこと」。

がんの半分が治癒するいま、がんを抱え、
がんとともに生きる患者さんが増えています。

一方で、早期発見のカギとなるがん検診受診率は低迷したままです。

がんにならないために、
そして、がんになっても、がんで命を落とさないために、
ぜひとも知っておきたいこと。

がんの時代を生きるために必須の知識を、コンパクトに分かりやすくまとめました。

「がん患者さんの就労問題」や、「子どものがん対策」も新たな課題となった、
国の「がん対策推進基本計画」見直しに応じた“最新版”の登場です!

――――――――――――――――――――――――
あなたはがんを知っていますか?

▽がんの半分が治癒する時代
▽いま、がん診療は入院より通院が主流
▽20~30代の若い女性に子宮頸がんが急増
▽日本人はお酒にも注意!
▽早期がんの時期は1~2年
▽放置しておいてもいい「がん」もある
▽緩和ケアは診断されたときから
▽心のケアを行なった方が延命になる
……このような最新の「がんのひみつ」を81収録!
――――――――――――――――――――――――


ぜひ、あなたの一番大切な人にこの本のことを伝えてください。
それがあなたの一番大切な人を守ることになります。
がんを知ることが、がんで死なないための特効薬ですから。「まえがき」より

⇒ 本書の内容を64ページに凝縮した”コンサイス版”はこちら

目次

まえがき
第一章 働く世代のがんが増えている
第二章 自分でできるがん対策
第三章 なぜ、がんはやっかいな病気なのか
第四章 子どものがん
第五章 後悔しないがん治療
第六章 がんの「痛み」を取り除く

著者紹介

  • 中川恵一(なかがわ・けいいち)

    東京大学医学部附属病院放射線科准教授、緩和ケア診療部長。1960年東京生まれ。1985年東京大学医学部医学科卒業、同年東京大学医学部放射線医学教室入局。1989年スイスPaul Sherrer Institute客員研究員、2002年東京大学医学部放射線医学教室助教授などを経て現職。著書に『がんのひみつ』『死を忘れた日本人』『放射線のひみつ』『放射線のものさし』(以上、朝日出版社)、『がんの練習帳』『専門書が伝えない がんと患者の物語』(以上、新潮新書)、『ビジュアル版 がんの教科書』(三省堂)など多数。厚生労働省「がん対策推進協議会」委員、同「がんに関する普及啓発懇談会」座長、同「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボード議長、日本放射線腫瘍学会理事。