BREASTS 乳房抄/写真篇

ページ数:80ページ / ISBN:9784255004785 / Cコード:0072 / 発売日:2009/06/19

BREASTS 乳房抄/写真篇

伴田良輔 定価: 2,592円(本体2,400円+税)

在庫: 在庫あり

そのままで、ただ見るだけで、誰もが幸せに感じるもの。??それは、乳房。

女性の乳房だけをまっすぐに見つめた、乳房だけの写真集。
赤ん坊の視線で、カメラを通して、乳房に近づく。
被写体は大学生からOL、古着屋店員まで、一般から募集した21人の女性。
乳房にはここまでの美しさと、これほどの表情がある。
堀口大學、ヴォルテールほか、乳房に魅せられた
詩人の言葉で織りなす45の乳房の景色。

「乳房は私の掌(てのひら)の形をしている」(堀口大學)


[この本を推薦します]

愛とはオッパイである。
ヒトのオスだけがセックス時にオッパイをまさぐるのは、
失われた黄金郷へのノスタルジーのためといわれる。
本書は、視線でこの「愛のアルカディア」を蘇らせる大胆な試みである。

鹿島茂(評論家)


「絵にもかけない美しさ」は、竜宮城じゃなく、富士山と乳房にこそある。
だから伴田さんは「写真」でおっぱいに迫った。
おっぱいの「絵」に感応したことのない「私」が、美しい「写真」に感応した。

山下裕二(美術史家)

著者紹介

  • 伴田良輔(はんだ・りょうすけ)
    京都生まれ。美術から数学まで、エロスからサイエンスまで、さまざまなジャンルを横断する。著書に『独身者の科学』『絶景の幾何学』『奇妙な本棚』『猫語練習帳』ほか多数、写真集に『鏡の国のおっぱい』『エロティッシモ』ほか、訳書にカレル・チャペック『ダーシェンカ』H.E.デュードニー『カンタベリーパズル』などがある。独自の技法による版画家としても活躍している。ログドラム奏者。 HANDIALOGUE 伴田良輔の仕事日記