接客現場の英会話 もうかるイングリッシュ

ページ数:176ページ / ISBN:9784255008257 / Cコード:0082 / 発売日:2015/04/08

[リアルな会話CD付き]
接客現場の英会話 もうかるイングリッシュ

中村好明 定価: 1,620円(本体1,500円+税)

在庫: 在庫あり

最適な言葉の“おもてなし”でお客様もお店もトクした気分に!

訪日客に大人気の富士箱根ゲストハウス、
語学研修会社代表のアドバイス付き

〈消費税の新免税制度に対応した情報や接客表現も満載!〉

【本書の特長】
1.接客現場に基づいた内容
2.簡単、カタカナ英語を採用!
3.リアルな会話CD付き
4.もうかるイングリッシュの極意を伝授
5.プロたちのノウハウを一挙公開!


【この本に載っているお役立ち情報】
例)
・「おすすめは何ですか?」と外国人客から質問されたら、あなた自身のおすすめを教えてあげましょう。面と向かって話している人の話の方が信頼できる情報としてより魅力的だからです。>>p.42
・日本円は桁が大きく、間違いの原因に。レジや計算機を使って、金額を指差してThat'll be this.(ダウビー・ディス)と言えばそれでOK。>>p.138
・中国の人々は、冷たい料理、飲み物は好まないため、料理やお弁当は温めてお出しした方が喜ばれます。また、ビールも常温で飲む人が多いようです。>>p.70
・韓国の人々は、「おまけ」が大好き。ちょっとした特典が大変喜ばれるので、導入してみてください。>>p.76
・欧米の人々は、年代や建物の高さなどの数字、食品の原材料などを詳しく知りたがる傾向が。簡単な説明書きがあると喜ばれます。>>p.141

特設ページ

目次

はじめに
お店で「言葉のおもてなし」
宿やカフェで「言葉のおもてなし」
本書の使い方
introduction カタカナ英語のススメ
    
シーン別接客フレーズ集
Scene 1 あいさつ①「こんにちは、いらっしゃいませ」
Scene 2 人数確認「何名様ですか?」
Scene 3 ご案内「禁煙席ですか、喫煙席ですか?」
Scene 4 場所案内「上の階にお進みください」
Scene 5 ごゆっくり「ごゆっくり検討ください」
Scene 6 一緒に探そう「何をお探しですか?」
Scene 7 おすすめ① 個人的に「個人的にはこれがおすすめです」
Scene 8 おすすめ② ジャパンブランド「東京で一番人気です」
Scene 9 おすすめ③ ギフト「おみやげをお探しですか?」
Scene 10 おすすめ④ 値ごろ感「大変お買い得になっていますよ」
Scene 11 おすすめ⑤ 製法「ハンドメイドです」
Scene 12 おすすめ⑥ サイズ・色「他のサイズもございます」
Scene 13 おすすめ⑦ お似合いです「ぴったりですね」
Scene 14 在庫確認「これを3つもらえますか?」
Scene 15 ご注文「お食事はどうなさいますか?」
Scene 16 追加注文「何かほかに(ご注文は)ございますか?」
Scene 17 チェックイン① 予約あり「チェックインですか?」
Scene 18 チェックイン② 予約なし「ツインルームがございます」
Scene 19 チェックイン③ 書類への記入「(お名前は)活字体で記入をお願いします」
Scene 20 チェックイン④ 鍵のお渡し「こちらがお部屋の鍵です」
Scene 21 部屋での案内「こちらがお客様のお部屋です」
Scene 22 あいさつ②「こんばんは」
Scene 23 近隣観光の案内「最もきれいな場所です」
Scene 24 温泉「私たちの温泉は硫黄泉です」
Scene 25 できるとできない①「少しなら英語を話すことができます」
Scene 26 できるとできない②「ここで喫煙はできません」
Scene 27 トラブル「お風呂の栓を抜かないでください」
Scene 28 会計①「金額はこちらです」
Scene 29 会計②「現金ですか?それともクレジットカードですか?」
Scene 30 チェックアウト「冷蔵庫の中のものを飲まれましたか?」
Scene 31 お見送り「ありがとうございます」
Scene 32 免税販売「これは免税になりますか?」

著者紹介

  • 中村好明(なかむら・よしあき)
    ドン・キホーテグループ インバウンドプロジェクト責任者
    株式会社ジャパンインバウンドソリューションズ代表取締役社長
    1963年、佐賀県生まれ。上智大学出身。2000年(株)ドン・キホーテ入社。広報・IR・マーケティング・新規事業の責任者を経て、08年7月、社長室ゼネラルマネージャー兼インバウンドプロジェクトの責任者に就任。13年7月、(株)ジャパンインバウンドソリューションズを設立、その代表に就任。ドン・キホーテグループに加え、国・自治体・民間企業のインバウンド分野におけるコンサル業務、教育研修事業、プロモーション連携事業に従事。日本インバウンド教育協会理事。ハリウッド大学院大学客員教授。
    著書に『ドン・キホーテ流 観光立国への挑戦』(メディア総合研究所)、『インバウンド戦略――人口急減には観光立国で立ち向かえ!』(時事通信社)