日本文化紹介 小和独事典

ISBN:9784255004341 / Cコード:0584 / 発売日:2008/06/06

増補改訂版
難訳語中心
日本文化紹介 小和独事典

中埜芳之 著 / OliverAumann 定価: 2,484円(本体2,300円+税)

在庫: 品切・重版未定

日本についてのあれこれ、ドイツ語で説明できますか?

桜前線/殺し文句/フリーター/粋/侘び/省エネ/懐メロ/寂び/集団的自衛権/ハローワーク/マヨラー/ネットカフェ難民/ど根性/デイ・サービス/一夜漬け/第三のビール/ゆとり教育……など、新語、俗語、難訳語をカテゴリー別に配列した和独事典。

日本人がドイツ語を使って日本を説明したり、情報を発信したりする場合に、本書が役立つこと請け合い。

…………………………………………………………………………

●自然科学や環境問題に関わる単語も多数収録
●俗語などはいつ頃から使用されているかも、可能な限り記述
●難訳語については、語の意味内容をどのように説明すればいいか、複数工夫
●見出し語約2300(旧版は約1400)

書評

「0. 日本一般・地理・気象」のページより

イベント

「6. 衣・食・住・環境」のページより

目次

目次

0. 日本一般・地理・気象
1. 宗教・思想・心理
2. 人間関係・社会一般・風物・風俗・暦
3. 政治・経済・歴史
4. 学校・教育・学術研究・技術
5. 余暇・趣味・芸能・芸術・スポーツ
6. 衣・食・住・環境
7. 身体・医療・福祉厚生
8. 言語・情報・コミュニケーション
9. 迷信・民間伝承・おとぎ話その他

著者紹介

  • 中埜芳之(なかのよしゆき)
    1943年福井県生まれ, 1968年京都大学大学院文学研究科修士課程修了 (独語独文学専攻),京都薬科大学専任講師を経て1970年より大阪大学勤務 (この間にDAAD奨学生としてボン大学とミュンヘン大学に留学)。2006年3月末をもって大阪大学を定年により退職。現在大阪大学名誉教授。著書 :『ドイツ人がみた日本—ドイツ人の日本観形成に関する史的研究』(三修社 2005) その他。Nakano Yoshiyuki, Professor emeritus an der Universit醇Bt Osaka. 1943 in Fukui geboren. Studium der Germanistik in Kyoto, Bonn und M醇・chen. Seit 1970 an der Universit醇Bt Osaka t醇Btig, Emeritierung M醇Brz 2006. Ver醇rffentlichungen: Das Japanbild der Deutschen − eine historische Untersuchung von Marco Polo bis zur Gegenwart (Sanshusha Verlag 2005) u.a.

    Oliver Aumann (オリヴァー アウマン)
    1967年ライン河畔のヴォルムス生まれ, ハイデルベルク大学, 九州大学, ミュンヘン大学において日本学, 東洋美術史, 哲学, 宗教学を学び, 親鸞と道元に関する研究で2000年にミュンヘン大学で博士号を取得。なおその学位論文はペーター・ラング社から刊行されている。2003年より大阪大学に勤務し, 現在大学院言語文化研究科所属の外国人教師としてドイツ語 (共通教育) 並びに比較言語文化論 (大学院) を担当している。1967 in Worms am Rhein geboren. Studium der Japanologie, Ostasiatischen Kunstgeschichte, Philosophie und Religionswissenschaft in Heidelberg, Fukuoka und M醇・chen, dort 2000 Promotion in Japanologie. Lektor am Graduiertenkolleg f醇в Sprache und Kultur der Universit醇Bt Osaka. Dissertation: Die Frage nach dem Selbst im Amida-Buddhismus bei Shinran und im Zen-Buddhismus bei Dogen (Peter Lang Verlag).