「E-DIC第2版」パンフレット・「CNN EE」見本誌請求はこちら
会員ログイン 新規登録


一般書籍    日・英・中 三方攻読

中国語文法ワールド

相原茂監修
大茂利充
後平和明
定価: 3,888 円(本体 3,600 円+税)
在庫: 在庫あり
各オンラインショップにてご購入いただけます。
Amazon.co.jpJBOOKジュンク堂 BOOK WEB楽天ブックス

[内容紹介]
監修者に、日本における中国語の権威で、長くEテレで講師を務められた
相原茂先生を迎えたトリリンガルで本格的な文法書。
タイトルにあるように日本語・中国語に英語まで対比項に加え、性質の異なる三言語を比較し、
中国語の語彙、文成分、品詞、文型など、必 要項目を余さず網羅した。
さらに世界の中国語教育の最終的なよりどころである「現代漢語辞典」に準拠している点も
この本の特徴である。


[監修者、著者紹介]
■相原 茂(あいはら しげる)
1948年生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)修士課程修了。中国語学、中国語教育専攻。
明治大学助教授、お茶の水大学教授などを経て、現在中国語コミュニケーション協会代表。
NHKラジオ・テレビでも長年中国語講座を担当。編著書に『はじめての中国語』(講談社現代新書)、
【中国語類義語辞典】(朝日出版社)など多数。

■大茂 利充(おおしげ としみつ)
1936年 旧満州国通化市(現中国・吉林省)生まれ。1953年両親とともに帰国。
東京教育大学在学時代、牛島徳次氏より中国語の指導を受ける。卒業後は新聞記者を経て、
鹿児島県立高等学校教職員。定年退職後、県・市の中国帰国者日本語講師、また中国語通訳案内業免許を生かし、
通訳会社で中国語講師、通訳などを務める。

■後平 和明(あとひら かずあき)
1934年 旧満州国奉天市(現中国・瀋陽市)生まれ。1943年霧島市国分広瀬に一時帰国。そのまま終戦を迎える。
東京教育大学卒業後、青森県立高校、大阪府立高校を経て、鹿児島県立甲南高校に赴任。
鹿児島市教委などを経て、鹿児島東高校校長で退職。定年退職後は予備校講師を務める。

判型:A5
ページ数:582ページ
ISBN:9784255009919
Cコード:0587
発売日:2017/05/12
各オンラインショップにてご購入いただけます。
Amazon.co.jpJBOOKジュンク堂 BOOK WEB楽天ブックス