「E-DIC第2版」パンフレット・「CNN EE」見本誌請求はこちら
会員ログイン 新規登録


一般書籍    ビジネス中国語読解力養成システム

ビジネスリテラシーを鍛える中国語Ⅱ

―中国語商用・法律文書読解力の養成と内容理解―
梶田 幸雄
三潴正道
王恵玲
定価: 3,024 円(本体 2,800 円+税)
在庫: 在庫あり
各オンラインショップにてご購入いただけます。
Amazon.co.jpe-honJBOOKジュンク堂 BOOK WEBブックサービス楽天ブックス紀伊國屋書店BookWeb

●「中国語の資料から直接情報が読み取れない」日本企業の弱点克服! 論説体中国語の読解力養成システム

ビジネス中国語読解力養成システムとは(3ステップ方式)

―第1ステップ
「ビジネス中国語読解力養成講座」((2014年以降刊行予定)
―論説体中国語の文法・ 語彙・修辞法読解基礎訓練ー

―第2ステップ
「ビジネスリテラシーを鍛える中国語Ⅰ」(2012年刊行済)
―論説体長文読解力の養成と経済・産業政策理解―

―第3ステップ
「ビジネスリテラシーを鍛える中国語Ⅱ」(今回刊行)
―中国語商用・法律文書読解力の養成と内容理解-


●世間の“ビジネス中国語”教材の矛盾点と問題点
<ビジネス中国語=論説体中国語読解力+ビジネス中国語会話力>
現在、数多くの“ビジネス中国語”を謳う本や教育/テストなども存在しています。しかし、そのほとんどは、単に普通の中国語会話に、仕事上で使う単語を置き換えている「中国語でビジネスの話をしている会話」にすぎません。“ビジネス日本語”というカテゴリーが存在するでしょうか?
中国ビジネスに直結する中国語能力は、まず第一に「文書(各種ドキュメント、インターネット情報等)を読める能力です。中国でビジネスを行なうための会話はビジネス単語レベルで解決します。

<“中国語が話せる=中国語が読める”ではない>
中国語の文体は、会話体と“論説体”では文の構造、使用する語彙、文章のルールなどに著しい違いがあるため、「会話ができる=中国語で文書が読める」とはなりません。だからこそトレーニングが必須となるのです。

【論説体中国語とは?】
現代中国語の書き言葉の主要な文体で、公文書、契約書、研究書などはもちろん、新聞、インターネット、専門書、情報誌、また公式な場でのスピーチや通訳などにも広く用いられる文体。

ジャンル: 語学(諸外国語) > 中国語
判型:B5
ページ数:256ページ
ISBN:9784255007113
Cコード:0087
発売日:2013/04/15
各オンラインショップにてご購入いただけます。
Amazon.co.jpe-honJBOOKジュンク堂 BOOK WEBブックサービス楽天ブックス紀伊國屋書店BookWeb