「E-DIC第2版」パンフレット・「CNN EE」見本誌請求はこちら
会員ログイン 新規登録


その他の電子書籍   

日本と諸外国の言語教育におけるCan-Do評価 -ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)の適用-

デジタルコンテンツのみ
マリア・ガブリエラ・シュミット
長沼君主
ファーガス・オドワイヤー

ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)や言語ポートフォリオ(ELP)の、日本の言語教育の文脈への適応可能性を論じる。主に、
・言語教育におけるCan-Do評価の利用について国際的な波及効果を踏まえた紹介
・日本の外国語教育におけるCEFRやCan-Do評価につい ての論考
・日本における実際のカリキュラム改革や教科書の編纂への適用事例の解説
・学習者の視点から学習者自律性や教授法との関連を概説
からなる。
CEFR研究で国際的に著名ななDavid Little氏やAnthony Green氏の寄稿論文、フィンランドやドイツ他、諸外国の適応事例も紹介。

タイトル: 日本と諸外国の言語教育におけるCan-Do評価 -ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)の適用-
タイトル(フリガナ): ニホントショガイコクノゲンゴキョウイクニオケルキャンドゥヒョウカ ヨーロッパゲンゴキョウツウサンショウワクCEFRノテキヨウ
金額: 3,240円
発売日: 2015年05月22日
各電子書籍ストアでもご購入いただけます。
KINDLE楽天KOBOKINOPPYHONTOBOOKLIVEGARAPAGOS STOREREADER STORE